晴れってなんだ?

愛する手帳に振り回される女の日常

私のSUNNY手帳の使い方(前編)

今回は、私の2019年の唯一の相棒(手帳)であるSUNNY手帳の私なりの使い方を紹介します!

 

独特な使い方というわけではないのですが、ちょっと変わった使い方をしていると言われることがあるので、良ければ参考にしてみてください!(笑)

 

★目次★

 

 

私なりのSUNNY手帳の使い方!

年間ページ

2019年のSUNNY手帳には見開き6ヶ月分の年間ページがついています。

私は、体調の変化を見える化しようと思い、その日の体温や、お酒を飲んだことなど簡単に記録しています。(モザイクだらけでごめんなさい!)

 

私は平熱が高いタイプ(36.9とか)なので、熱があると受けられないインフルエンザの予防接種前の体温でいつもOUT(:_;)

そのため、体温が低い周期を見つけていろいろ調整する必要があります。

SUNNY手帳の年間ページは、そんな体調管理の調整をするのにピッタリなので毎日しっかり使っています。

 

以前は、MARK'SのEDiTの年間ページでも同じように記録していたのですが、見開き12ヶ月で1日あたりのスペースが小さいので、体温しかかけず…。

その点、SUNNY手帳の年間ページは1日当たり方眼10マス分確保されているので、数字や記号を並べてもキチンと感がでます!

 

あと、まだ使っていませんが、各月の上部にちょっとしたスペースがあるので、その月の簡単な目標を書くのにいいかな~と考え中です。

来月あたり、『2kg減量!』とか『体脂肪率20%に近づける!』とか書こうかなと思っています。

 

 

マンスリーページ

SUNNY手帳のマンスリーページは、シンプルになるように心掛けています。

英語の勉強を兼ねて、スケジュールは英語で書くようにしているのですが…今月はあまり予定がない!(笑)

 

日付部分には、剥がせるマスキングテープのマークシールを使っています。

このシールは3種類あって、1,2,3,4月・5,6,7,8月・9,10,11,12月で色ごとに分けて使っていて、今はオレンジやピンクなどの明るめの色を使用中です。

 

今月はかなりシンプル(寒々しい感じ)になっちゃっているので、気が向いたらマスキングテープを貼ってかわいく仕上げようかなと思っています。

 

 

ウィークリーページ

 SUNNY手帳のウィークリーページは、セミバーチカル仕様です。

上部はバーチカルのように使えて、下部は方眼ノートになっています。

本当は、実際に使っているウィークリーページウィークリーページの写真をアップしたかったのですが、現在SUNNY手帳1冊運用でかなりカオスになっているため、ブログに載せられるような状態ではないのです…

なので、今回は未使用のページを例に私の使い方を紹介します!

 

①月の下の空きスペースには1週間の目標

 月が書いてある下の空きスペースには、その週のうちに済ませたいことや目標を書くようにしています。

 例:食生活に気をつける・Instagramに投稿するなど…

一応、達成できたかどうかを書きたいので、頭に四角(□)をつけて、To doリスト風にしています。

 

 

②日付の横には天気

 日付の横には、天気と気温を書いています。

天気は簡単なイラストとひらがなで、気温は最高気温と最低気温を書くようにして、小学生の夏休みの宿題的な感じにしています(笑)

 

 

③バーチカル上部にはTo doリスト

バーチカル上部には、 その日にやるべきことのTo doリストを書いています。

何事も忘れっぽい性格なので、やるべきことや、やりたいことはバーチカルでキッチリ管理してなんとか過ごしています。

 

ちなみにちょっとばかしバレットジャーナルを意識して…

こんな感じのKEYを使って管理しています。

項目ごとにKEYを変えるので、パッと見て予定を把握できるので、とっても便利です!

 

あと、バーチカルの下の方には、外出(仕事以外)する時のヘアメイクやファッションを書くこともあります。

気づくと着心地の良い服を何度も着回して、新しく買った洋服を着ないことがあるため、いつも同じ格好をしているって思われるのもイヤですからね!(笑)

たぶん、日々違うファッションを楽しめていると思います!

 

 

④バーチカル下部には日記

バーチカルには薄い点線が入っていて、その点線から下に簡単な日記を書いています。

 どんなことをして1日過ごしたかを書くというよりは、日記を書く時間に何を感じているかや、食べたものの感想を書くことが多くて、後々手帳を振り返った時に参考にならないことばかりなのですが…

このスペースは大きすぎず小さすぎないサイズ感なので、飽きずに楽しく書いています(^_^)

 

 

⑤方眼ノートスペースには落書き

 ウィークリーページ下部の方眼ノートスペースは、落書きスペースにしています。

イラストだけじゃなくて、簡単なメモやアイデアを書く時もあり、かなり大切なスペースになっています。

 

去年は、メモやアイデア、思ったことなどはドット方眼の方のノートページに書いていたのですが、今年からはウィークリーページにまとめるようにしました。

理由は、どの時期のメモやアイデアかがわかりやすいからです。

その時の心境もわかるので、自分的には結構良い使い方だよな~と思っています。

 

 

まとめ

今回は、私のSUNNY手帳の使い方をザッと紹介させていただきました!

全体的に小学生の宿題や日記感がある使い方ですが、日々充実しているので、たぶん私的には良い使い方なのだと思います。

ほぼほぼ文字だけの紹介でわかりにくくなってしまって申し訳ないです。

もう1冊手帳を買ったらかなり整理されると思うので、状況が整い次第ブログにウィークリーページを載せたいと思います!

 

今回もお読みいただき、ありがとうございました!

 

次は、SUNNY手帳の後半のページについて紹介したいと思います!

良かったら、また見に来てくださいね!

 

私の愛する相棒2019

こんにちは!

今回は、私が現在使っている2019年の相棒(手帳)を紹介しようと思います!

 

※好きなものについて書くので、いつも以上にまとまりのない文章になっています。

(読みづらくてごめんなさい!)

★目次★

 

2019年のメイン手帳はSUNNY手帳!

私の2019年の相棒(メインの手帳)は、去年と同じくいろは出版の「SUNNY手帳」です!

 

鮮やかすぎない黄色のカバーが、かわいくてたまりません(*^ ^*)

手帳の中身は週間、サイズはB6で去年と同じタイプのものです。

 

2018年「SUNNY手帳」についての記事はこちら↓

makesunnyday.hatenablog.com

 

2019年もSUNNY手帳を選んだ理由

「SUNNY手帳」は『1年を晴れにするビジネス手帳』というコンセプトがあり、去年はこのコンセプトに惹かれて購入しました。

 

去年1年間が充実したかどうかは微妙なところなのですが、このコンセプトを持つ「SUNNY手帳」の使い心地が歴代の手帳の中で1番良かったので、2019年も「SUNNY手帳」を相棒に決めました。

 

 

SUNNY手帳の好きなところ①フォントがかわいい!

SUNNY手帳の好きなところ1つ目は、フォントがかわいいところです。

私は、気負いせず手帳を書けることが重要なことだと思っていて、手帳のフォントを含む中面のデザインにかなりこだわります。

また、私は字が綺麗ではないので、カッチリめのフォントより、ゆるめのフォントとの相性が良いのです。

そのため、ビジネス手帳と謳ってはいるものの、カッチリしすぎていないSUNNY手帳のフォントが私にはピッタリでハマりました。

 

 

SUNNY手帳の好きなところ②配色が素敵!

SUNNY手帳の好きなところ2つ目は、配色が素敵なところです。

SUNNY手帳の中面のメインカラーは、オレンジっぽいイエローとグレー(文字は黒)なのですが、派手すぎず地味すぎず、とっても素敵なのです!!!!

※2018年のSUNNY手帳のメインカラーは、オレンジっぽさのないイエローでした。

 

一般的な手帳と違って、白と黒のシンプルデザインではないので、シールやマスキングテープ、イラストなんかで装飾しなくても充分なほどかわいいというのも私的には嬉しいポイントになっています。

 

 

SUNNY手帳の好きなところ③コンテンツが充実いている!

SUNNY手帳の好きなところ3つ目は、コンテンツが充実しているところです。

 

SUNNY手帳の中面↓

  • 年間カレンダー
  • マンスリーページ
  • ウィークリーページ(上部:セミバーチカル・下部:方眼ノート)
  • ノートページ(ドット方眼・143ページ)
  • WISH LIST(やりたいことリスト・行きたい所リストetc...)
  • 郵便料金表やアドレス帳などのおまけページ

こんな感じのページが揃っています。

 

中でもお気に入りは、ドット方眼の大容量ノートページです。

手帳にこれだけのページ数のノートが付いているっていうのも珍しいですが、横罫ではなくドット方眼を採用しているのもかなり珍しいですよね。

しかも、ページ番号まで付いているのでバレットジャーナル風に使うことも可能です!

このドット方眼のノートページが、とっても使い心地が良いので、私なりに活用させていただいています!

(今後、このノートページについて、このブログで紹介していこうと思っています!)

 

他にもSUNNY手帳の好きなところがたくさんあるのですが、書いていたらキリがないことに気がついたので、終わりにします。。。

 

SUNNY手帳の好きではないところはない!

今のところ、2019年のSUNNY手帳の好きじゃないところはありません。

今年はカバーとの相性も良さそうだし、重さも承知の上なのでデメリットらしいところはないです。

恋は盲目的な感じで、SUNNY手帳の全てが好きです(笑)

 

 

 

2019年の2冊目の手帳は…

2019年は1冊の手帳しか使っていない!

去年散々いろんな手帳を調べたのに、現在SUNNY手帳1冊のみの運用です。

本当はもう1冊欲しいのですが、迷いに迷った挙句、今もまだ迷っています。

早く買わないと4月始まりの手帳が店頭に並び始めるぞ!と思っていたら、既に4月始まりの手帳が店頭に並ぶ季節になっていたという。。。

本気で2冊目の手帳を選ばないと、SUNNY手帳のウィークリーページがゴチャゴチャしちゃうので、早いうちに2冊目の手帳を買おうと思います!

 

 

2冊目の手帳候補①EDiT

2冊目の手帳候補1つ目は、1日1ページタイプの「EDiT(エディット)」です。

「EDiT」は以前も使っていたので、なんとなく使い方のイメージはついています。

イラストを書いたり、好きなものをコラージュしたり、やりたいことは思いつくのですが、せっかくだったら使ったことがない手帳を使ってみたいな~と思い、手が出せていません。

 

 

2冊目の手帳候補②Moleskine

2冊目の手帳候補2つ目は、1日1ページタイプの「Moleskineモレスキン)」です。

Moleskine」は今まで使ったことがないので、使ってみたいという興味から候補に挙げました。

限定のデザインがいろいろあるので、夜な夜なAmazonで調べています。

Moleskine」使っているだけでオシャレ感が出るのも憧れる…(笑)

 

 

2冊目の手帳候補③トラベラーズノート

2冊目の手帳候補3つ目は、「トラベラーズノート」です。

去年成田空港のトラベラーズファクトリーで見た時に、まじまじ「トラベラーズノート」を見て、2冊目の手帳として気になり始めました。

いろいろなリフィルがあるので、自分好みの手帳に仕上がるのもいいな~と思い始めています。

 

 

まとめ

今回は、私の愛する2019年の相棒(手帳)と2冊目の手帳について紹介させていただきました。

デザインが可愛くて、コンテンツも充実したSUNNY手帳はとっても使い心地が良いので、毎日楽しく使っています。

また、現在はまだSUNNY手帳だけを使っていますが、近いうちに2冊目も揃えようと思っています!

今回もお読みいただきありがとうございました!

 

次回は、私の手帳の中身を紹介しようと思います。

良ければまた見に来てくださいね!

手帳と一緒に使いたい!自分で色が選べる多機能ペン・多色ペン編

 こんにちは!(こんばんは!)

今回は前回の続きとして、私が気になる自分で色が選べる多機能ペン・多色ペンについて好き勝手に紹介していきたいと思います!

 

多機能ペン・多色ペンと言えば定番の黒・赤・青・緑ですが、オレンジやピンク、水色など、自分の好きな色をホルダーに入れて多機能ペン・多色ペンを作ることができるものもあります。

手帳によく使う色を選べるので、より自分に合う多機能ペン・多色ペンをゲットすることもできるので、おすすめです!

 

 前回の記事はこちら!↓

makesunnyday.hatenablog.com

 

 

★目次★

 

 

手帳と一緒に使いたい!自分で色が選べる多機能ペン・多色ペン4選

1.アイプラス

 手帳と一緒に使いたい!自分で色が選べる多機能ペン・多色ペン1つ目は、ぺんてるの「アイプラス」です。

 

「アイプラス」のホルダーは3色と5色があり、リフィルは全15色、太さは3種類(0.3mm・0.4mm・0.5mm)あります。

オレンジだけで3種類、ピンクだけで3種類など、絶妙な色まで用意されているので、文字だけでなく、イラストを描く時にも使えるのが嬉しいのです!!

私は0.3mmの「アイプラス」を手帳の装飾用のイラストの色塗りに使っています!

 

そして「アイプラス」の特徴として、ペンの後部にイヤホンジャックが付いています。

好きなイヤホンジャック付きのチャームをつければ、自分だけの特別な1本に仕上がるので、私もたまーにアクセサリーをつけて遊んでいます。

 

また、「アイプラス」のホルダーは、基本はシンプルなものなのですが、たまに人気アニメの「ラブライブ」や「うたの☆プリンスさまっ♪」などとコラボしたペンホルダーが販売されることがあるので、アニメが好きな人はチェックしておくとお気に入りのキャラがモチーフの「アイプラス」をゲットできるかもしれません!

 

 

2.STYLE FIT(スタイルフィット)

 手帳と一緒に使いたい!自分で色が選べる多機能ペン・多色ペン2つ目は、三菱鉛筆の「STYLE FIT(スタイルフィット)」です。

 

「スタイルフィット」のホルダーは1色・3色・5色の3種類あり、リフィルは人気のユニボール シグノとジェットストリームの2種類あります。

ユニボール シグノは全16色、太さは3種類(0.28mm・0.38mm・0.5mm)。

ジェットストリームは全3色(黒・赤・青)、太さは0.5mmのみです。

他にも、シャープペンシルのリフィルがあり、手帳にシャーペンを使うことがある人にもピッタリです。

 

「スタイルフィット」は、私が手帳を使う時のスタメン戦士なので、毎日使っています。

ブラウンブラックやブルーブラックなど、落ち着きのある黒ベースのカラーリフィルもあるので、黒ペンのように手帳のメインカラーとしても使えます!

 

油性インクのジェットストリームも入るので、水性インクのペンと油性インクのペンをわざわざ2本も持ち歩かなくていいという利点も大きく、以前仕事でも使っていました。

 

また、「スタイルフィット」には、高級感のある回転式のホルダーや柄入りのホルダーなど、ホルダーの種類も多いので、手帳の雰囲気に合わせて選べるのも嬉しいポイントです!

 

 

3.HI-TEC-C coleto(ハイテックCコレト

 手帳と一緒に使いたい!自分で色が選べる多機能ペン・多色ペン3つ目は、PILOTの「HI-TEC-C coleto(ハイテックCコレト)」です。

 

ハイテックCコレト」のホルダーは2色・3色・4色・5色あり、リフィルは全15色、太さは0.3mm・0.4mm・0.5mmの3種類あります。

 

ハイテックCコレト」の面白いところは、カラーボールペンだけでなく、シャープペンシルのリフィル、携帯用ゲーム機などの感圧式のパネルに使えるタッチペン、径2.3mmの消しゴムリフィルがあることです。

 

以前、カラーボールペンのみで組み合わせた「ハイテックCコレト」を持っていたのですが、行方不明になってしまって…

今回「ハイテックCコレト」を調べていて、他の自分で選べる多機能ペン・多色ペンにはない機能をつけることができることを知って、再び「ハイテックCコレト」に興味が出てきました。

使い道を決めたら即購入しようと思います!!

 

 

4.SARASA select(サラサセレクト)

 手帳と一緒に使いたい!自分で色が選べる多機能ペン・多色ペン4つ目は、ZEBRAの「SARASA select(サラサセレクト)」です。

 

「サラサセレクト」は、サラサラとした書き心地が特徴のSARASAの好きな色のインクを組み合わせることができます。

「サラサセレクト」のリフィルは全23色、太さは3種類(0.3mm・0.4mm・0.5mm)あります。

 

 ホルダーは3色と5色のものがあり、どれも華やかでかわいいデザインになっているので、手帳に使うペンはかわいいものがいい!という人にはピッタリな1本になっています。

他の自分で選べる多機能ペン・多色ペンに比べても、カラーバリエーションが豊富なので、マークやイラスト用に1本欲しいな~と考え中です。

ただ、私に華やかでかわいいデザインのペンが合うかは微妙なところですが…。

 

 

まとめ

今回は、手帳と一緒に使いたい!自分で色が選べる多機能ペン・多色ペンについて好き勝手紹介させていただきました。

私は色が選べる多機能ペン・多色ペンを頻繁に使っているので、ある程度の知識はあるだろうと思っていたら、大した知識はなく、調べていて驚くことも多かったのが今回の収穫です(笑)

手帳と一緒に使いたいシリーズは、今回で一旦終了にします。

次回以降は、私の2019年の手帳について少しずつ紹介していこうかな~と思っています。

良ければまた見に来てくださいね!

 

過去の手帳と一緒に使いたい!シリーズ↓↓

 黒ペン(ボールペン)編!

makesunnyday.hatenablog.com

 

 カラーペン編! 

makesunnyday.hatenablog.com

 

 蛍光ペン編! 

makesunnyday.hatenablog.com

 

手帳と一緒に使いたい!私が気になる多機能ペン・多色ペン編

f:id:ryyaanuccats:20190212134846p:plain

こんにちは!(こんばんは!)

今回も手帳と一緒に使いたい!シリーズ書いていきたいと思います。

 

みなさんが手帳と一緒に使っている筆記具は、単色ペンですか?多機能ペンや多色ペンですか?

私が手帳と一緒に使う筆記具は、単色ペンだけでなく多機能ペン・多色ペンもよく使っています。

というのも、いろいろな場所で手帳を書きたい時に荷物が増えるのがイヤなので、極力持ち物を減らすという意味で多機能ペン・多色ペンをよく使います。

 

そんな単色ペン・多機能ペン・多色ペンを使う私が気になっている多機能ペン・多色ペンについて好き勝手に書いていきたいと思います!

 

★目次★

 

 

 

多機能ペン・多色ペンの種類・選び方

多機能ペン・多色ペンの種類・選び方①機能

多機能ペン・多色ペンの種類・選び方1つ目は、機能です。

多機能ペンには、タブレット端末などで使えるタッチペンが付いているものやUSB付き、バインダー代わりに使えるクリップ付きなど、筆記以外の機能が充実しているものがたくさんあります。

手帳だけでなく、さまざまな使い方をしたい人ならタッチペン付きやUSB付きの多機能ペンがあると便利です。

 

 

多機能ペン・多色ペンの種類・選び方②インクの数

多機能ペン・多色ペンの種類・選び方2つ目は、インクの数です。

多機能ペン・多色ペンには、2色・3色・4色・5色…などがあり自分の好きな数のインクを選ぶことができます。

手帳を使う際に仕事とプライベートの色を分けるなど、予定に合わせて細かく色を変えたい人には多色ペンがピッタリです。

 

 

手帳と一緒に使いたい!私が気になる多機能ペン・多色ペン7選

1.FRIXION BALL 4(フリクションボール4)

 

手帳と一緒に使いたい!私が気になる多機能ペン・多色ペン1つ目は、PILOTの「FRIXION BALL 4(フリクションボール4)」です。

 

消せるペンが欲しいならコレ!というくらい フリクションって人気ですよね。

そんなフリクションの多機能ペン・多色ペンの「フリクションボール4」には、定番の黒・赤・青・緑の4色が入っています。

普段、手帳にフリクションを使っている人以外にも、予定の変更が多い人も字が消せる「フリクションボール4」を持っておくと便利だと思います。

 

フリクションボール4」は書いた字やマークを消せるので、私は手帳以外にも参考書や辞書に「フリクションボール4」を使っていました。

勉強する時にも便利なので、資格取得のための試験勉強などの使用にもおすすめですよ!

 

 

 

2.ジェットストリーム 多機能ペン 4&1

手帳と一緒に使いたい!私が気になる多機能ペン・多色ペン2つ目は、三菱鉛筆の「ジェットストリーム 多機能ペン 4&1」です。

 

なめらかな書き味がたまらないジェットストリームのインクが使える多機能ペン・多色ペンの「ジェットストリーム 多機能ペン 4&1」の太さは、0.38mm・0.5mm・0.7mmの3種類あるので、好みの太さが選べます。

 

ジェットストリーム 多機能ペン 4&1」には、黒・赤・青・緑・シャープペンシル(0.5mm芯)機能があるので、手帳にボールペンだけでなくシャーペンも使う人にもピッタリの多機能ペン・多色ペンになっています。

 

 

3.MONO graph MULTI(モノグラフマルチ)

 

手帳と一緒に使いたい!私が気になる多機能ペン・多色ペン3つ目は、トンボ鉛筆の「MONO graph MULTI(モノグラフマルチ)」です。

 

消しゴムで有名なMONOの多機能ペン・多色ペンの「モノグラフマルチ」は、他の多機能ペン・多色ペン以上に、これ1本で済んでしまうほどの機能を持っています。

「モノグラフマルチ」には、0.5mmの黒・赤のボールペンとシャープペンシル(0.5mm芯)機能、それとくり出し式のMONOの消しゴムが搭載されているのです!

一般的な多機能ペン・多色ペンやシャーペンに付いている消しゴムは、小さいものが多いですが、「モノグラフマルチ」には、5.3mm径(長さ2.5cm位)の大容量の消しゴムが付いているので、消しゴムとしての機能も侮れません!

 

私自身このMONOシリーズが好きで、モノカラーのものを集めています。(そんなに数ないけど…)

手帳だけでなく仕事用のノートにも使うことが多くとても便利なので、仕事用の多機能ペン・多色ペンを探している人にもおすすめです!

 

 

4.ツープラスワンレグノ

 

手帳と一緒に使いたい!私が気になる多機能ペン・多色ペン4つ目は、PILOTの「ツープラスワンレグノ」です。

 

0.7mmの黒・赤のボールペンとシャープペンシル(0.5mm芯)機能が付いている「ツープラスワンレグノ」は、少々重量を感じる多機能ペン・多色ペンなので、軽すぎるペンより重いペンの方が書きやすいという人にはピッタリです。

 

「ツープラスワンレグノ」は、多機能ペン・多色ペンには珍しく、軸に天然の木を使っていて、1本1本違った木目を楽しめるので、世界で1本しかないペンに出会うことができます。

使えば使うほど木の味わいが出るので、ナチュラルな雰囲気が好きな人や、持ち物にこだわりがある人にはおすすめの1本です。

 

 

5.Dr.Grip 4+1(ドクターグリップ4+1)

 

手帳と一緒に使いたい!私が気になる多機能ペン・多色ペン5つ目は、PILOTの「Dr.Grip 4+1(ドクターグリップ4+1)」です。

 

長時間使っても疲れにくいドクターグリップシリーズの多機能ペン・多色ペンの「ドクターグリップ4+1」は、発色が濃く、スムーズに書けるアクロインキを使っていて、黒・赤・青・緑のボールペンとシャープペンシル(0.5mm芯)機能を搭載しています。

 

「ドクターグリップ4+1」は若干太さと重さを感じるので、手帳カバーに付いているペンホルダーが合わないこともあります。そのため、家でじっくり手帳と向き合う時などにおすすめです!

 

 

6.スーパーマルチ8

 

手帳と一緒に使いたい!私が気になる多機能ペン・多色ペン6つ目は、ぺんてるの「スーパーマルチ8」です。

 

「スーパーマルチ8」は、黒・赤・青のボールペン芯と蛍光ピンク・蛍光イエロー芯、水色のノンコピー芯、赤色芯、シャープペン芯の8種類ものペンが実装されている多機能ペン・多色ペンです。

 

(私が初めて「スーパーマルチ8」に出会った時に、とんでもない多機能ペン・多色ペンがあるんだなと驚愕したのを覚えています。)

 

中でも面白いのは、ノンコピー芯です。

名前の通りノンコピー=コピーできないという面白い機能があり、イラストの下地に使う人が多いそうです。

私は本格的なイラストを書かないので知らなかったのですが、めちゃくちゃ試してみたい!という欲が出てきています。

まぁ、手帳にノンコピー芯を使うこともあまりないと思うのですが…コピーしたい書類にちょっとしたイラストを書いて試してみたいなーと企んでいます(笑)

 

 

7.Birdy switch(バーディスイッチ)

 

手帳と一緒に使いたい!私が気になる多機能ペン・多色ペン7つ目は、PILOTの「Birdy switch(バーディスイッチ)」です。

 

「バーディスイッチ」よりスタイリッシュな多機能ペン・多色ペンってあるのか?と思うほど、スリムでミニマムなルックスが特徴的です。

 

「バーディスイッチ」には、0.7mmの黒ボールペンとシャープペンシル(0.5mm芯)が付いていて、ペン先は先端の1ヶ所ではなく、前後に付いているので、想像以上にスリムです。

 

ペン本体がシルバーに輝くのも高級感があって、できる大人感があります(笑)

最小限の荷物にしたい時にもいいな~と思っています。

 

 

 

まとめ

 今回も手帳と一緒に使いたい!シリーズの多機能ペン・多色ペン編を好き勝手に紹介させていただきました。

多機能ペン・多色ペンだけでも、いろんな種類があり、それぞれ特徴が違います。

各社のおすすめのインクを搭載したものもあり、実用性もバッチリなので、かなり迷います…。

今回さまざまな多機能ペン・多色ペンを調べていて自分で選べる多機能ペン・多色ペンも気になってしまったので、次回は自分で好きな色が選べる多機能ペン・多色ペンについて書いていきたいなーと思います。

良かったら、また見に来てくださいね!

 

手帳と一緒に使いたい!シリーズの過去の記事です。

こちらも良かったら見てみてくださいね!↓

 黒ペン(ボールペン)編!!

makesunnyday.hatenablog.com

 

 カラーペン編!!

makesunnyday.hatenablog.com

 

 蛍光ペン編!

makesunnyday.hatenablog.com

 

手帳と一緒に使いたい!私が気になる蛍光ペン編

こんにちは!(こんばんは!)

今回も前々回と前回に引き続き、手帳と一緒に使いたい!シリーズを書いていきたいと思います。

 

みなさんは、手帳を書く時に蛍光ペンを使いますか?

私は、手帳に蛍光ペンを結構使います。

一般的に蛍光ペンは、仕事や勉強用のノートや書類に使うことが多いと思うのですが、蛍光ペンを手帳に使用すると、手帳がより見やすくなるので、手帳×蛍光ペンはおすすめの組み合わせなのです。

 

今は、派手な色の蛍光ペンからソフトな色の蛍光ペンまで、さまざまなので自分の手帳の雰囲気に合う蛍光ペンを探しやすくなっています。

今回はそんな蛍光ペンをザッと好き勝手に紹介させていただきます!

 

 ★目次★

 

蛍光ペンの種類・選び方

蛍光ペンの種類・選び方①定番のノーマルタイプ

 

蛍光ペンの種類・選び方1つ目は、ペン先がノーマルタイプのものです。

蛍光ペンと言えば真っ先に思い浮かべるのって、PILOTの「マークライター」などの斜に角張ったペン先のものじゃないですか?

私も蛍光ペンをイメージする時は、ノーマルタイプのものです。

ノーマルタイプの蛍光ペンは、文房具店や雑貨屋、コンビニ、スーパーなどでも多く取り扱われているので、気軽に買えます。

他の蛍光ペンの仕様と比べると特徴的ではないですが、蛍光ペンの仕様に特にこだわりがないという人には、おすすめの蛍光ペンの種類になっています。

 

 

蛍光ペンの種類・選び方②線が引きやすい窓付きタイプ

 

蛍光ペンの種類・選び方2つ目は、ペン先に窓が付いているタイプのものです。

三菱鉛筆の「プロパス・ウインドウ」などの一部の蛍光ペンには、ペン先に透明の窓が付いているものがあります。

この窓は、文字などをなぞるように蛍光ペンで線を引く際に、窓を見ながら線を引けばはみ出さずに済みます。

余計なところまで蛍光ペンで線を引きたくない時などに活躍してくれるので、細かいことを書くことが多い手帳に使用する時などにおすすめです。

 

 

蛍光ペンの種類・選び方③ペン先が潰れにくい樹脂コーティングタイプ

 

蛍光ペンの種類・選び方3つ目は、ペン先が樹脂でコーティングされているタイプのものです。

樹脂コーティングタイプの蛍光ペンって何?という感じなのですが、ペン先が潰れないようにしっかりと樹脂でカバーされている蛍光ペンのことです。

トンボ鉛筆の「蛍coat」が1番有名かな?

蛍光ペンを定規に押し当てながら線を引く時にもペン先が潰れにくいので、丈夫な蛍光ペンが欲しい時にはピッタリです。

 

 

蛍光ペンの種類・選び方④いろいろな使い方ができる筆ペンタイプ

 

 蛍光ペンの種類・選び方4つ目は、筆ペンタイプのものです。

呉竹の「ZIG ブラッシュハイライトサッと セリース」が筆ペンタイプの蛍光ペンとして人気があります。

一般的な角張った蛍光ペンと違い、筆ペンタイプの蛍光ペンはペン先がしなり、太さを調整できるので、線を引くなどのマーカーとしての役割だけでなく、字やちょっとしたイラストを書きたい時にもピッタリです。

 

 

手帳と一緒に使いたい!私が気になる蛍光ペン8選!

1.MILDLINER(マイルドライナー)

手帳と一緒に使いたい!私が気になる蛍光ペン1つ目は、ZEBRAの「MILDLINER(マイルドライナー)」です。

 

 手帳や文房具好きの間でも大人気の「マイルドライナー」は、他の蛍光ペンとは一線を画すソフトな色合いを楽しめる蛍光ペンです。

 

「マイルドライナー」のペン先はノーマルタイプで、太さは4mmと1.0~1.4mmになっています。

細い方は、手帳のちょっとした隙間にイラストを描くのにも便利なのです!

 

私は、「マイルドライナー」のマイルドグレーを手帳に使用しています。

シールやマステ、カラーペンの色を邪魔しにくいので、メモなどのちょっとした枠組みを書くのに使っています。

やさしく、淡い色合いの「マイルドライナー」は、手帳の雰囲気を壊しにくいのでおすすめですよ。

 

 

2.JUSTFIT Mojini Line(ジャストフィット モジニライン)

手帳と一緒に使いたい!私が気になる蛍光ペン2つ目は、ZEBRAの「JUSTFIT Mojini Line(ジャストフィット モジニライン)」です。

 

ペン先がしなる蛍光ペンとして人気の「ジャストフィット」シリーズの「ジャストフィット モジニライン」は、商品名の通り文字にラインを引くのにピッタリな蛍光ペンなのです!

 

手帳やノートで蛍光ペンを使う時って、ボールペンで書いた文字の上に蛍光ペンを使うことが多いですよね。

「ジャストフィット モジニライン」は、蛍光ペンにありがちなボールペンで書いた文字の滲みを抑えてくれる特殊な成分を使って作られています。

 そのため、「ジャストフィット モジニライン」は手帳に書いた予定やメモなどの強調したいものを滲みなく、きっちりマーキングしたい時にピッタリなので、1本持っておくと便利そうです。

 

また、「ジャストフィット モジニライン」は、ペン先がしなるので、参考書や厚みのある手帳の湾曲部へのマーキングにも便利ですよ!

 

 

3.フリクションライト ソフトカラー

手帳と一緒に使いたい!私が気になる蛍光ペン3つ目は、のPILOT「フリクションライト ソフトカラー」です。

 

消せるペンとして有名なフリクションシリーズの「フリクションライト ソフトカラー」は、やわらかいソフトな色味が特徴の蛍光ペンです。

 

私は「フリクションライト ソフトカラー」のソフトオレンジを手帳に使用していて、大好きなサッカーチームの試合予定を書いた所に線を引いて使っています。

 

フリクションライト ソフトカラー」の色の出方はかなり薄めで、予定などを強調したい時にはちょっと不向きなのですが、目立たせる必要はないけど、どんな予定なのかなどのちょっとしたニュアンスをつけたい時などの使用におすすめです。

 

あと、消せる蛍光ペンってなかなか無いので、文字の上以外でも、変更があるかもしれない2日以上継続して行う予定(旅行や出張など)をライン状にマーキングしたい時にもおすすめです。

 

 

4.プロマーク ビュー

手帳と一緒に使いたい!私が気になる蛍光ペン4つ目は、三菱鉛筆の「promark VIEW(プロマーク ビュー)」です。

 

 特徴的な形の「プロマーク ビュー」は、ペン先に透明で大きな窓が付いたタイプの蛍光ペンになっています。

「プロマーク ビュー」手帳のマンスリーページに書く予定など、窓からしっかり文字が見えるので、はみ出したくない時にめちゃくちゃ便利です。

 

かなり個性的なルックスな「プロマーク ビュー」は、いろいろなペンが入り混じるペンケースの中でも見つけやすいのも嬉しいポイント!

黒に蛍光色というデザインはPOPな雰囲気もあるので、文房具は見た目重視!という人にもおすすめです。

 

 

5.KIRARICH(キラリッチ)

手帳と一緒に使いたい!私が気になる蛍光ペン5つ目は、ZEBRAの「KIRARICH(キラリッチ)」です。

 

 ノーマルタイプのペン先の「キラリッチ」はラメ入りの蛍光ペンです。

「キラリッチ」はルックスもインクもキラキラとしていて、かわいいものが好きな人にはピッタリな蛍光ペンになっています。

 

「キラリッチ」にはピンク・紫・黄・緑・青の全5色あり、手帳の雰囲気や予定ごとに色を変えることができます。

エステや美容院など、自分磨きをしたい日を囲むように「キラリッチ」を使うだけで、女子力が上がった気がします(笑)

 

 

6.Beetle Tip dual color(ビートルティップ・デュアルカラー)

手帳と一緒に使いたい!私が気になる蛍光ペン6つ目は、コクヨの「Beetle Tip dual color(ビートルティップ・デュアルカラー)」です。

 

 「ビートルティップ・デュアルカラー」は、1本で2色使える蛍光ペンです。

商品名に使われている「ビートルティップ・デュアルカラー」のBeetle(ビートル)とはカブトムシのことで、カブトムシの角のようなペン先が特徴になっています。

 

1本で2色使えると、その分持ち歩くペンの量が減るので、外出先で手帳を書きたい時に便利です。 

「ビートルティップ・デュアルカラー」の商品情報のページを見てみると、2色を使った辞書のマーキングに便利そうなので学生時代に出会いたかったな~と思ってしまいました…(* *)

 

また、「ビートルティップ・デュアルカラー」には2種類あり、定番カラーとソフトカラーがあります。

・定番カラー→イエロー/ピンク・ライトグリーン/パープル・オレンジ/ライトブルー

・ソフトカラー→ソフトイエロー/ソフトピンク・ソフトグリーン/ソフトパープル・ソフトオレンジ/ソフトブルー

好きな色を手軽に1本で使える蛍光ペンは少ないので、多色蛍光ペンを使ってみたい人にはおすすめです!

 

 

7.ポリプロピレンノック式蛍光ペン

手帳と一緒に使いたい!私が気になる蛍光ペン7つ目は、無印良品の「ポリプロピレンノック式蛍光ペン」です。

 

ポリプロピレンノック式蛍光ペン」は、シンプルなルックスで男女共に使いやすいデザインになっています。

 

ノック式の「ポリプロピレンノック式蛍光ペン」はキャップを外す手間や、キャップを無くしてしまう心配がないので、キャップ式以外の蛍光ペンが欲しい人にはおすすめです。

 

また、「ポリプロピレンノック式蛍光ペン」はリフィルも販売されていて、インクの交換が簡単にできます。

 

 

8.テキストサーファー ゲル

手帳と一緒に使いたい!私が気になる蛍光ペン8つ目は、ステッドラーの「テキストサーファー ゲル」です。

 

「テキストサーファー ゲル」は、通常の蛍光ペンとは異なり、クレヨンのようなペン先を持つユニークな蛍光ペンになっています。

クレヨン風の「テキストサーファー ゲル」は、他の蛍光ペンに負けないくらい鮮やかな発色で蛍光感もあるので、手帳に書いた予定を目立たせたい時におすすめです!

 

ただ、「テキストサーファー ゲル」はツルツルとした紙(光沢紙など)が苦手で、普通紙に書くよりも色味が薄くなるので、手帳の紙質との相性に注意が必要です。

 

 

 

 

番外編!手帳と一緒に使いたい!私が気になる蛍光色鉛筆2選

1.テキストサーファー ドライ 蛍光色鉛筆

手帳と一緒に使いたい!私が気になる蛍光色鉛筆1つ目は、ステッドラーの「テキストサーファー ドライ 蛍光色鉛筆」です。

 

見た目もかわいい蛍光色鉛筆の「テキストサーファー ドライ 蛍光色鉛筆」は、色鉛筆のため裏抜け・裏写りの心配がなくて済みます。

 

「テキストサーファー ドライ 蛍光色鉛筆」 は削ってペン先を尖らせれば、予定を細かく書いた場所にも細いラインを引くことができるので、手帳に細かい情報をしっかり書き込む派の人にもおすすめです。

 

 

2.鉛筆の蛍光マーカー

手帳と一緒に使いたい!私が気になる蛍光色鉛筆2つ目は、クツワの「鉛筆の蛍光マーカー」です。

 

 「鉛筆の蛍光マーカー」も、「テキストサーファー ドライ 蛍光色鉛筆」と同じように、裏抜け・裏写りの心配がないので、さまざまな用途で使えます。

 

また、「鉛筆の蛍光マーカー」はキャップ付きのものも販売されています。

このキャップには鉛筆削りも付いているので、わざわざ鉛筆削りを用意する必要がないので、気軽に使うことができます。

 

 

まとめ

今回は手帳と一緒に使いたい私が気になる蛍光ペンについて好き勝手に紹介させていただきました。

蛍光ペンには窓付きやラメ入り、ノック式など、さまざまな特徴があるので、手帳との相性や雰囲気などを考えて、ピッタリの蛍光ペンを見つけたいと思います!

 

良かったら以下の記事も見てみてくださいね!

こちらの記事は前々回の手帳と一緒に使いたい!シリーズの黒ペン(ボールペン)編です。↓ 

makesunnyday.hatenablog.com

 

こっちは前回の手帳と一緒に使いたい!シリーズのカラーペン編です。↓

makesunnyday.hatenablog.com

 

手帳と一緒に使いたい!私が気になるカラーペン編

黒いボールペンと手帳というシンプルな組み合わせもいいですが、手帳をよりよく使っていけるようなカラフルなペンも結構重要なアイテムです。

私自身も黒ペンだけでなく、カラーペンも併用しているので、自分からすれば見やすい手帳の中身にはなっているかな~と思っています。(勘違いかもしれないけれど…)

 

私が気になっていたり、実際に使ったことあったりするおすすめのカラーペンについて、好き勝手に紹介します!

手帳に使うためのカラーペンの選び方についても簡単に書くので、良ければ参考にしてみてくださいね!

 

★目次★

 

 

手帳に使うカラーペンの種類・選び方

カラーペンの種類・選び方①形状

カラーペンの種類・選び方1つ目は、形状です。

カラーペンには、主にキャップ式とノック式の2種類があります。

そしてペンの種類として、ボールペン・筆ペン・マジックなどがあります。

インク次第では、ボールペンでも筆ペンでもマジックでも手帳には使えるので、好きなタイプのカラーペンを選べます。

 

 

カラーペンの種類・選び方②インク

カラーペンの種類・選び方2つ目は、インクです。

 カラーペンに使われているインクは…

  • 水性顔料
  • 水性染料
  • 油性顔料
  • 油性染料
  • アルコール系染料

などがあります。

それぞれ色の濃さが違うことはもちろん、手帳にカラーペンを使う場合は、インク次第で裏抜け・裏移りするかが決まってくることがあるので、しっかり事前にチェックすることが大事になります。

 

 

カラーペンの種類・選び方③書きやすさ

カラーペンの種類・選び方3つ目は、書きやすさです。

 手帳にペンを使う場合、書き心地も大切です。

引っかかりがなくサラサラと書けるものや、手帳に書いた時の乾くスピードなど、手帳にカラーペンを使う際のストレスになりうるポイントをカバーできるカラーペンでないと、使い続けるのがイヤになっちゃいますからね。

お店の試し書きの紙にはサラサラと書けて、速乾性もあると感じたけれど、愛用している手帳の紙との相性が良くないと感じることもあるので、自分の手帳に合う書きやすいカラーペンを選ぶとストレス無く、楽しく手帳に向き合うことができますよ。

 

手帳と一緒に使いたい!私が気になるカラーペン7選 

1.ゲルインキボールペン Juice(ジュース)

 手帳と一緒に使いたい!私が気になるカラーペン1つ目は、POLOTの「ゲルインキボールペン ジュース」です。

 

ゲルインキを使ったカラーボールペンの「ゲルインキボールペン ジュース」は、特に書き出しがスムーズなカラーペンになっています。

「ゲルインキボールペン ジュース」は全36色あり、赤やオレンジ、緑などの定番カラー以外に、かわいい印象に仕上げてくれるパステルカラーや、ちょっとクールな印象のメタリックカラーも揃っているので、自分好みのテーマに合わせたカラーペンを選ぶことができます。

 

「ゲルインキボールペン ジュース」は、手帳の雰囲気を邪魔しないやさしい色味が多いのが嬉しいポイントの一つでもあります。

 

私はまだ「ゲルインキボールペン ジュース」を使ったことは無いのですが、コーヒーブラウンやパステルイエローなど、他にはない色味の「ゲルインキボールペン ジュース」が気になって仕方がないです。(近いうちに買います、絶対!)

 

 

2.SARASA CLIP(サラサクリップ

手帳と一緒に使いたい!私が気になるカラーペン2つ目は、ZEBRAの「サラサクリップ」です。

サラサクリップ」は、サラサラとした書き心地が人気のSARASAシリーズの1つで、全51色もある水性顔料のジェルインクを使用したカラーボールペンです。

 

 「サラサクリップ」のペン先は、0.3mm・0.4mm・0.5mm・0.7mm・1.0mmの5種類あります。

中でも、0.5mmの「サラサクリップ」は色数が多く、やさしくかわいい色のミルクカラーやPOPな印象のネオンカラー、黒ペン代わりに使ってもいいダークなヴィンテージカラーなど、特徴的な色のカラーペンが揃っています。

他にも、3色のインクが混ざったマーブルカラーも5種類あり、カラフルな手帳に仕上げたい時にも使えます。

 

また、「サラサクリップ」はバインダーのように使えるクリップも付いているので、薄い手帳や書類を挟むことがある時にも便利です。

 

私は結構「サラサクリップ」が好きで、定番の黒やオレンジなどを使っているのですが、今はめちゃくちゃミルクカラーとヴィンテージカラーが気になっています。(本当は全部気になっているし全部欲しいです。)

 

 

 

3.ユニボール Signo(シグノ) 極細シリーズ

手帳と一緒に使いたい!私が気になるカラーペン3つ目は、 三菱鉛筆の「ユニボール シグノ 極細シリーズ」です。

 耐水・耐光性のある顔料インクを使用した「ユニボール シグノ 極細シリーズ」は、全17色あるカラーボールペンです。

 

「ユニボール シグノ 極細シリーズ」のペン先は0.28mm・0.38mm・0.5mmがあります。

特に0.28mmの「ユニボール シグノ 極細シリーズ」は、手帳に細かいことを書きこみたい時や、イラストを書きたい時にめちゃくちゃ便利でおすすめです!

 

普段、私が手帳に使っている筆記具のスタメンとも言える「ユニボール シグノ 極細シリーズ」は、キャップ式・ノック式の両方あるので、用途次第で好きなものが選べます。

 

他のカラーペンほど色数は多くないですが、イラストやマークなどがメインではなく、文字を書くことがメインなら充分なカラーペンです。

 

 

4.PLAY COLOR (プレイカラー)

手帳と一緒に使いたい!私が気になるカラーペン4つ目は、トンボ鉛筆の「プレイカラー」です。

水性のカラーサインペンの「プレイカラー」は、3種類あります。

  • プレイカラーK→0.8mmと0.3mm
  • プレイカラー2→0.4mmと1.2mm
  • プレイカラーDot→0.3mmと直径5mmの丸(スタンプのようにドットがおせる)

どれも手帳に使いやすい色が揃っていますが、薄い紙を使用している手帳の場合裏抜け・裏移りがあることも…

細い方のペン先を筆圧弱めに使った場合は、比較的裏抜けが薄くて済むので、使い方次第かもしれません。

 

私は手帳に「プレイカラーK」のきいろ・きみどり・だいだいいろ・そらいろ・ふじいろを使っていますが、どれも薄い感じの色なので、手帳の雰囲気を壊さず使えています。

「プレイカラー」のルックスはかわいいので、飾ってもいいっていうのが、私的にポイント高いです(^ ^)

 

 

5.FRIXION COLORS(フリクションカラーズ)

 

手帳と一緒に使いたい!私が気になるカラーペン5つ目は、PILOTの「フリクションカラーズ」です。

消せるペンのフリクションシリーズの一つの「フリクションカラーズ」は、全24色あります。

 

フリクションカラーズ」は、書いても消せるので、イラストやマーカーとしての使用以外にも、変更の可能性がある予定を手帳に書き込みたい時にも便利ですよ!

 

 また、「フリクションカラーズ」のラバー(消す部分)はキャップの上部についています。キャップをペンの後ろに付けた状態で使っても、わざわざキャップを外す必要がないのもポイント高いです!

 

 

6.さらさら描けるゲルボールペンノック式 0.5mm

手帳と一緒に使いたい!私が気になるカラーペン6つ目は、無印良品の「さらさら描けるゲルボールペンノック式 0.5mm」です。

「さらさら描けるゲルボールペンノック式 0.5mm」は、水性顔料インクを使用しているカラーボールペンです。

全16色あり、さくらやあさぎ、赤紫などの絶妙な色味のものもあります。

 

私はまだ、黒しか使用したことがないのですが、商品名の通りサラサラと書けるので結構使っています。

比較的、発色が良いので手帳だけでなく、カレンダーで使うのもいいかもしれないです。

 

また、「さらさら描けるゲルボールペンノック式 0.5mm」は替え芯(リフィール)もあるので、お気に入りの色をストックしておくのにもおすすめです。

 

 

 

7.紙用マッキー極細

手帳と一緒に使いたい!私が気になるカラーペン7つ目は、ZEBRA の「紙用マッキー極細」です。

 

サインペンなどでも有名なマッキーのシリーズの一つでもある「紙用マッキー極細」は、通常のマッキーでは、裏抜け・裏移りしてしまう場面でも心配なく使えます。

ただ、薄い紙を使用した手帳は裏抜け・裏移りしてしまう場合があるので、手帳に「紙用マッキー極細」を使用する際は注意してください。

 

「紙用マッキー極細」は水性顔料インクを使用していて、乾くと耐水性になります。

そのため、紙以外にも布やプラスチック、木、ガラスなどにも書けるので、1本持っておくと便利ですよ!

 

 

まとめ

手帳と一緒に使いたい!私が気になるカラーペンを好き勝手に紹介させていただきました。

 

手帳に使用している紙は、普通のノートに比べると特殊な紙を使っていることもおおいので、全てのカラーペンと相性が良いわけではありません。

ですが、手帳と相性が良いカラーペンを見つければ、より手帳を見やすく、魅力的にすることができると思うので、手帳好きな人や、これから手帳ライフを充実させてみたいと思っている人は、ぜひお気に入りの1本を見つけてみてくださいね。

 

同じように、手帳と一緒に使いたい私が気になる黒ペン(ボールペン)を前回の記事で紹介しているので、良かったら見てみてくださいね!

makesunnyday.hatenablog.com

 

 

手帳と一緒に使いたい!私が気になる黒ペン(ボールペン)編

久しぶりの更新となってしまいました。

忙しさにかまけて更新をサボらないように以後気をつけようと思います。

 

気をとり直して、今回からは手帳と一緒に使いたいグッズを紹介していこうと思います。

第一弾は、手帳には欠かせない筆記具・黒ペン編です。

 

★目次★ 

 

 

黒ペン(ボールペン)の種類

黒ペン(ボールペン)の種類①キャップ式かノック式か

 黒ペンには、キャップ式のものとノック式のものがあります。

キャップ式はインク漏れの心配が少ないので、私もよく使っています。

一方、ノック式は気軽に片手のみでも使用ができるので、とても便利です。

 

黒ペン(ボールペン)の種類②水性インクか油性インクかゲルインクか

黒ペン(ボールペン)に使われている主なインクは、水性インク・油性インク・ゲルインクの3種類です。

 

それぞれの特徴は…

水性インク

水性インクは顔料・水・添加剤で作られています。(一部の水性インクには顔料の代わりに染料が使われていることもあります。)

粘度が低いので、なめらかでかすれにくい書き心地が特徴です。

ただ、滲みやすいので注意が必要です。 

 

油性インク

油性インクは染料・アルコール系溶剤・樹脂・添加剤で作られています。

(一部の油性インクには染料の代わりに顔料が使われていることもあります。)

水性インクに比べて油性インクは、粘度が高いので書き心地は少々重ためです。

そして、他のインクに比べ油性インクは耐水性があるため、多少の水気にも対応できます。

 

ゲルインク

ゲルインクは顔料・水・添加剤で作られています。

ゲルインクの粘度は水性インクよりも高く、油性インクよりも低いという特徴があり、書き心地はなめらかです。

また、ゲルインクは滲みにくくかすれにくいので、手帳で使用する際にもピッタリです。

 

黒ペンに使われているインクはそれぞれ違った特徴があります。

自分にピッタリのインクを使用している黒ペンを使うと、より手帳への書き込みが楽しくなるのでおすすめですよ!

 

 

黒ペン(ボールペン)の選び方

黒ペン(ボールペン)の選び方①デザイン

 手帳と一緒に使う黒ペンのデザインは、結構重要です。

テンションが上がるデザインの黒ペンだと、手帳と向き合う時も楽しくなります。

そのために、自分が「良い!」と思えるデザインのものにしておくと手帳時間をより充実させることもできるので、ぜひ自分好みのデザインの黒ペンを探してみてください!

 

黒ペンの選び方②インク

黒ペンの種類でも紹介したインクも黒ペン選びには重要です。

愛用している手帳に使用されている紙と相性が良いインクの黒ペンでないと、裏抜けしたり、滲んだりすることもあるので、インク選びは慎重にすることをおすすめします。

また、手帳の中面の色との相性もあるので、書いた字がはっきりと見えるような黒ペンのインクを選ぶことも大切です。 

 

黒ペン(ボールペン)の選び方③書きやすさ・持ちやすさ

 手帳だろうが、メモだろうが黒ペン選びの最も重要なことと言えば、やっぱり書きやすさ・持ちやすさです。

書きやすさはインク選びにも関係するのですが、ペンの持ちやすさとも関係しています。

ペン軸の太さや重さも重要です。

細すぎたり太すぎたり持ちにくく、書きやすいとはいえないです。

また、ペンの重さが軽すぎたり重すぎたりしても使っていて疲れてしまうので、自分に適した太さや重さの黒ペン選びが重要になります。

長時間使っていても疲れにくいグリップがある黒ペンもあるので、いろいろな黒ペンを1度手にとってみるといいですよ!

 

 

手帳と一緒に使いたい気になる・おすすめの黒ペン8選!

1.「uni-ball Signo(ユニボール シグノ)」

手帳と一緒に使いたい気になる・おすすめの黒ペン(ボールペン)1つ目は、三菱鉛筆の「uni-ball Signo(ユニボール シグノ)」です。

 「uni-ball Signo」には、キャップ式のものとノック式のものがあるので、好きなものを選べます。

 

そして、太さも0.28mm・0.38mm・0.5mmの3種類あるので、自分に合うものを選びやすくなっています。

 

「uni-ball Signo」は顔料インクのゲルインクを使用していて、耐水性・耐光性があります。

耐水性→水に濡れても書いたものが消えにくい。

耐光性→紫外線などによる色褪せに強い。

 

また、「uni-ball Signo」は黒以外にもピンクやオレンジ、グリーンなどさまざまな色があります。どれも鮮やかな発色なので、手帳への使用にもおすすめですよ!

 

 

2.「JETSTREAM(ジェットストリーム)」

手帳と一緒に使いたい気になる・おすすめの黒ペン(ボールペン)2つ目は、三菱鉛筆の「JETSTREAM(ジェットストリーム)」です。

ノック式の 「JETSTREAM」は、油性インクを使用しています。

 

「JETSTREAM」の最大の特徴は…『クセになる、なめらかな書き味』です!

(昔、職場で「JETSTREAM」を初めて使った時の感動が忘れられないほど、なめらかな書き心地です。)

 

「JETSTREAM」は発色が良く、速乾性もあるので手帳に使用しても良いのですが、手帳に使用されている紙によっては裏抜けしてしまうことがあります。

EDITなどの薄い紙を使用した手帳の場合、時間が経つ(1年以上)とガッツリ裏抜けしてしまった経験があるので、「JETSTREAM」を手帳に使いたい場合は、しっかりチェックがすることが重要です!

 

 

3.「FRIXION BALL Slim 038(フリクションボールスリム038)」

手帳と一緒に使いたい気になる・おすすめの黒ペン(ボールペン)3つ目は、PILOTの「FRIXION BALL Slim 038(フリクションボールスリム038)」です。

 消せるボールペンとして大人気のフリクションのスリム版「FRIXION BALL Slim 038」は、特殊なゲルインクを使用しています。

 

「FRIXION BALL Slim 038」は0.38mmと細いので、細かく手帳に書き込みたい人にもおすすめです。

 

「FRIXION BALL Slim 038」は、通常のノック式と違い、サイドにさりげないノックがついています。そのため、かなりスッキリとした見た目になっています。

 

フリクションの注意点としては、フリクションを使った手帳は温めるな、冷やすな、です。

あまり手帳を温めたり冷やしたりすることはないと思うのですが…

フリクションシリーズに使われているフリクションインキは、温度差によって書いたものを消すことができるため、温めると字が消えます。

そして、冷やすと字が浮き出てくるので、以前消したはずの字が再び現れてしまうので注意が必要です。

 

 

4.「Dr.Grip(ドクターグリップ)」

手帳と一緒に使いたい気になる・おすすめの黒ペン(ボールペン)4つ目は、PILOTの「Dr.Grip(ドクターグリップ)」です。

 

1991年に発売された「Dr.Grip」は、長時間使っても疲れにくいグリップが特徴の黒ペン(ボールペン)として、今も根強い人気を誇っています。

 

 太さも重量感も程良い「Dr.Grip」は、油性インクの黒ペン(ボールペン)になっています。

 

「Dr.Grip」は、首や肩、腕にやさしいように人間工学を用いて作られているので、筆圧が強く、書く時に疲れやすい人にもおすすめです。

 

また、「Dr.Grip」は誰でも持てるシンプルなデザインのものから、カラフルでポップなデザインのものまであり、小中学生から大人まで使えるデザインが揃っていることも特徴の一つでもあります。

 

 

5.「Opt.(オプト)」

手帳と一緒に使いたい気になる・おすすめの黒ペン(ボールペン)5つ目は、PILOTの「Opt.(オプト)」です。

油性インクを使用している「Opt.」は、よくある黒ペン(ボールペン)に比べ、レフィルが長いので、インクがたっぷり入っています。

 

「Opt.」の良いところとして、クリップがあります。

「Opt.」のクリップは、10万回挟んでも壊れない丈夫な作りになっているので、黒ペン(ボールペン)を何かに挟んで使ったり、持ち歩いたりすることを想定している人にはおすすめですよ。

 

「Opt.」の重さは一見軽そうに見えますが、程良い重量感があるので書きやすくなっています。

 

また、「Opt.」のデザインはシンプルながらも洗練されたデザインのものが多いです。

淡い花柄や白のストライプ、ブラックとシルバーの2トーンなど、女性が持っても男性が持ってもサマになるデザインが多いので、デザイン性にもこだわりたい人にもおすすめです。

 

私は、シンプルな白のストライプの「Opt.」が気になってます。たぶん、近いうちに買っちゃうと思います(笑)

 

 

6.「SARASA dry(サラサドライ)」

手帳と一緒に使いたい気になる・おすすめの黒ペン(ボールペン)6つ目は、ZEBRAの「SARASA dry(サラサドライ)」です。

なめらかな書き心地で人気のSARASAシリーズは、サラサラと書けるけれど紙との相性次第で乾きにくいことがありました。

 

が!!!

 

そんなSARASA シリーズの「SARASA dry」は、通常のSARASAに比べて速乾性があり、手帳を書く際にもピッタリな黒ペンになっています。

 

SARASA dry」は超速乾DRYJELLインクを使用しているので、紙へ浸透しやすく、乾燥するのがめちゃくちゃ速いのです!

それに、通常のSARASA同様なめらかでサラサラとした書き心地もキープしているので、SARASA独特のサラサラ感が欲しい人にもSARASA dry」はおすすめですよ!

 

 

 

7.「Acroball(アクロボール)」

手帳と一緒に使いたい気になる・おすすめの黒ペン(ボールペン)7つ目は、PILOTの「Acroball(アクロボール)」です。

 

油性インクを使用している「Acroball」は、書き出しなめらかな書きやすい黒ペンとして人気があります。

 

「Acroball」には、特許取得済みのタイヤパターンを施したグリップがあり、握りやすいので、書き心地もいいです。

 

そして、「Acroball」は今回紹介した中でも、かなり軽く感じる黒ペンになっているので、軽い黒ペン(ボールペン)が良い人におすすめです。

私も簡単なメモ用に1本欲しいな~と思ってます。

 

 

8.「LEGNO(レグノ)」

手帳と一緒に使いたい気になる・おすすめの黒ペン(ボールペン)8つ目は、PILOTの「LEGNO(レグノ)」です。

 

「LEGNO」は油性インクの黒ペン(ボールペン)です。

 

木を使ったデザインが素敵すぎる「LEGNO」には、床材や家具にも使用されるカバ材(樺)を使用したものと、ギターなどにも使用されるハードメイプル材(楓)を使用したものがあり、どちらも木の温もりを感じるデザインになっています。

どちらも自然の素材を使用しているため、1本1本微妙にデザインが異なるのも魅力の1つで使えば使うほど味出ます。

 

「LEGNO」は他の黒ペン(ボールペン)に比べると、価格が結構お高めなのですが、長く付き合っていく手帳や日記と向き合う時の相棒にはピッタリな気がするので、めちゃくちゃ気になります。

 

 

まとめ

今回は黒ペン(ボールペン)について好き勝手に紹介させていただきました。

黒ペン1つとっても、インクが違ったり、デザインが違ったりといろいろなものがあるので、自分自身や使用している手帳に合う1本を見つけてみましょう!

私自信も調べていて何本か本気で購入しようかなと悩み始めたので、そのうちほとんどの黒ペン(ボールペン)を購入するかもしれません(笑)

 

次回は、私が気になる手帳に使えるカラーペンを紹介します。

良ければまた見にきてくださいね~